トップページ > 光線治療について > 難病に効果ありますか?

難病に効果ありますか?

世の中には原因もわからず、治療法も確立されていない病気が数多く存在します。
これはすべて難病です。
難病にかかった人はつらい症状に悩まされ、しかも先が見えないほど苦しい闘いで毎日を過ごさなければなりません。

ところが最近は昔に比べて病気が増え、難病が増えているのはご存知ですか?
ガンも含めて、わからない難病が増えているのはなぜなのでしょう?

昔難病として不治の病とされたものが、医学の発達で克服されたものがありますが、自然からヒントをもらうこともしばしばです。
例えば生まれたばかりの乳幼児の重症黄疸に対して、今は当たり前に光線療法で解決していますが、
それ以前は「交換輸血」という危険な手術をせざるを得ませんでした。

これが光線療法に変わったのは、1968年にバーモンド大学のジェラルド・ルーシー博士が臨床的に確かめたことがきっかけですが、もともと窓側に寝かせた乳幼児は大丈夫なのに、日の当たらない所に寝かした乳幼児が重症黄疸になることからヒントを得たものです。

野生動物が基本的にあまり病気というものがなく、動物園の動物やペットが病気があることも大いにヒントとして考えてみてはいかがでしょうか?

光線照射は現代社会でゆがんだ生命体への影響を自然な状態に戻すために、人間の細胞やミクロの世界に光のシグナルを送り続ける作業でもあります。

かつて難病と言われていても今は問題なく解決できるものがある以上、今の科学では判明していなくても、先々判明するものを光線は今行なうことが出来る最も期待される療法だと思います。

​ちなみに難病といわれるもので効果が見られたものの一部は下記のサイトで見られます。

​​http://sn1151515.com/sn1151515/sectionC.html

*多くの分野の難治な症状で事例が見られますが、すべての人に同じ効果があるかは今のところわかっていません。

​​​​​​​​​​​​