トップページ > 光線治療器について > 光線治療はどうやって受けるのですか?

光線治療はどうやって受けるのですか?

基本的に光線治療器は家庭用として厚生労働省から認可されている医療機器ですので、購入して自宅で行います。

また光線機を所有する治療院に通って照射してもらうこともできます。

​光線機はふたつの炭素棒を向かい合わせてスパークさせて燃やしますが、燃やして放出される光が必要な波長を発します。

​それを直接肌に受けることで、身体に対して、それぞれの波長がそれぞれの作用をすることになります。

​たとえば、一台の光線機でやる場合でも4,5台で全身に同時に照射する場合でも原理は同じですので、台数に応じて必要な箇所に照射するというものです。

​光線治療院でも自宅でも当てることに変わりはありません。

​ただし、患部がある場合でも患部だけでなく、基本的な箇所とされる足裏、ひざ、お腹、腰などは患部以外にも当てることで、効果を高めると言われています。

​より細かく、足首、足甲、後頭部などを追加することで、効果が高まるとしています。


​ただ。光線機の種類は数種あり、やり方は多少差がありますので、それぞれの専門機関に問い合わせてください。​