トップページ > 症状別 > 更年期障害 (婦人科)

更年期障害 (婦人科)

足裏、足首、足甲、ふくらはぎ、ひざ前後などに総合光線系カーボン
腹、腰に可視光線系と赤外線系カーボンの組み合わせ。
目をつむって目に可視光線系カーボン。あるいは可視光線系と赤外線系カーボンの組み合わせ。

​閉経後の女性はホルモン量の減少が起きます。エストロゲン関係が若い時に比べ平均15%減少するほか、黄体ホルモンは激減します。

​従いまして、このふたつのホルモンのバランスが急激に悪くなりますので、黄体ホルモンを補うためにもビタミンEの補給をしながら光線照射は離しめにして目をつむって目にも当て、また身体全体を照射して温めると良いでしょう。

​ビタミンEは食事から摂取するのが理想です。玄米などいろいろな食べ物から摂取できます。