トップページ > 症状別 > ガン (内科)

ガン (内科)

ガンの種類によるやり方の違いはありません。
進行度合いにより毎日長時間照射するようにしてください。
足裏、足首、足甲、ふくはぎ、ひざ前後、腹、腰へ紫外線系と総合光線系カーボン(一例)。
患部を前後とも総合光線系や赤外線系カーボン(一例)。

一日8時間が理想的です。

​長時間が無理な場合でも光線療法は汗で血液をきれいにするので、水分を補給しながら繰り返し汗ばむ程度に照射してください。

​光線機やカーボンの種類によっては、一回の照射時間が一箇所につき10~20分程度という方針のところもあります。
​この場合も一日に繰り返し行うようにしましょう。

​できるだけ免疫力を下げる行為は行なわないようにしましょう。
​風邪を引かないように気をつけてください。

​血をきれいにし、免疫力を上げること
​忙しく動き回らないこと(ごろごろしているほうが良い)

​ストレスは白血球のNK細胞を一気に減少させるので、できるだけストレスを起こす場所を避け、また気をまぎらわす状態にしてください。

​ガンは決してスピーディに増加しません。長い時間をかけてガンとして発見されるので、それまで普通に生活してきたことを思い出し、あわてたり、焦ったりするのではなく、ゆったりと血をきれいにする生活に変え、免疫力という唯一の改善策を高めることを意識してみましょう。
​​​