トップページ > 症状別 > アトピー性皮膚炎 (皮膚)(アレルギー)

アトピー性皮膚炎 (皮膚)(アレルギー)

アトピーは見た目の状態よりもキャリア年数や薬の使った量で個人差が非常にあります。
複数台の光線機が必要です。
スタート時は総合光線系カーボンで慣らします。
紫外線系カーボンが主体になりますが、じくじくした肌の時は赤外線カーボンにします。
発症が最近の人ほど早く改善します。
発症して長い人は光線照射で改善したりぶり返したりを繰り返しますので、焦らず落ち着いて長期治療としておやりください。

途中油物や甘いものなどから一気に逆戻りして焦ることもありますが、あまり気にせず、淡々と継続してください。
人により長期間かかる症状です。

またステロイド利用が多い方も含め、当初悪化したように表面に出てくることが多いので、光線治療の陽性反応を充分理解(家族全員)した上でスタートしてください。​​​​​​​​